ストレスで疲れた体と心を回復するためには睡眠が鍵

生活してればストレスだらけ

パソコン仕事で神経的な疲れ。会社に行けば上司や先輩への気遣い、恋人とのケンカなどで精神的な疲れ…。

生活しているだけで、お疲れは溜まる一方。お疲れへの最高のサプリメントは、“睡眠”です。

睡眠は“心”と“体”のお疲れをとるために必要なもの。睡眠の質が落ちると、そのまま、日常生活の質も落ちることにつながります。ただでさえ40代、50代になってくると眠りが浅くなる、睡眠時間が足りていないのに朝になると目覚めてしまう、夜、ときおり目を覚ますなど、いろいろな睡眠問題が出てきます。困ったものです。

改めてレム睡眠と、ノンレム睡眠を知ろう! 復習大事!

浅い眠りがレム睡眠で、深い睡眠がノンレム睡眠。

レム睡眠は・・・脳のメンテナンス記憶や感情などの整理整頓をする睡眠時間

ノンレム睡眠は・・・体のメンテナンス筋肉や肌、肉体のお疲れを回復するための睡眠時間

レム睡眠と、ノンレム睡眠は交互に一定の周期で訪れます。脳と体をしっかりと休めて回復させるためには、どちらも大切な睡眠です。

上質な睡眠をとるために心がけたいこと

  • シャワーよりもお風呂!→体の深部を温める
  • 寝る前は軽めのストレッチ→ ベッドの上でゆるやかに優しい呼吸とともに
  • 眠る60分前からスマートフォン、パソコンなどは見ない
  • 心地よい寝間着、好きな落ち着く音楽、好きな香りがあれば香りも

自分にとっての心地よい空間を作り、眠るためのルーティンを作ると効果的。

上質な睡眠のために眠る3時間前に夕食を終える

よくダイエットの食事に関する話で「眠る前の2~3時間前に夕食は終えておきましょう!」と言われています。ダイエットに興味がある方なら誰しも1度は耳にしているはず。ダイエットの観点からもそうなのですが、質の高い睡眠をとるためにも夕食の時間帯は鍵になります。

そもそも、なぜ、夕食は寝る前の2~3時間前に済ますべきなのか?

これは消化器官系の負担をできるだけ減らすために必要なのです。夕食をとった後、消化されるのに必要な時間が2~3時間。もし、夕食後、時間を空けずに寝てしまうと、睡眠後も消化器官系の内臓が働き続けることになるので、その結果、ホルモンを作り出す内臓の機能が低下し、ホルモンバランスが崩れて睡眠の質が下がります。

睡眠前に内臓の消化活動は終えて、睡眠に入ってからは、ホルモンを作るために内臓に働いてもらう。

できれば眠る3時間前…夕食は終えることが睡眠の質を高めるためにも必要です。ダイエットにもつながりますね!

最新情報をチェックしよう!

Mental-メンタルの最新記事8件

>ChocoFit(ちょこふぃっと)

ChocoFit(ちょこふぃっと)

痩せるにしても稼ぐにしても、『思考ダイエット』が要! ちょこっと視点を変えることで人生もかわります。『わたしが私らしく』かろやかに自分の人生を歩む道。年齢問わず、ダイエット、体と心のエクササイズ、習い事を中心に、女性のお悩み、不安に対して、少しでも解決の糸口になれるように、実践で試したコト、モノを紹介。

CTR IMG